生コラーゲンの疑問にお答えします

黒板

生コラーゲン化粧品の多くは、「冷蔵庫での保管が必要」となっていますよね。

でも、もしも冷蔵庫に入れ忘れた場合はどうなるのでしょうか?

このサイトでは、生コラーゲンに関するいろんな疑問にお答えしますね。


生コラーゲンを冷蔵庫に入れ忘れたらどうなるの?

冷蔵庫

いきなり結論から書くと、
生コラーゲンがゼラチン化して、保水力が落ちる
といわれています。

生コラーゲンの魅力は、「もともと人間にあるコラーゲンと同じ構造(三重らせん構造)のままであること」ですよね。

でも生コラーゲンは熱に弱くて、25℃以上になると構造が変わってしまいます(=ゼラチン化)

ゼラチン化というのは、3本がらせん状に絡み合っていたのが、1本ずつにほどけた状態のことを言います。

ゼラチン状になると、保水力が落ちます

保水力が落ちてしまうと、生コラーゲン化粧品の大きな魅力である「保水力がすごい」が損なわれてしまいます……。

どれくらいまでなら、常温でOKなの?

時計

普段はしっかり冷蔵庫で保管していても、たまには「あ、入れるの忘れてた……」という時だってありますよね。

でも残念なことに、生コラーゲンは常温でもゼラチン化が進んでしまいます。

「じゃあ、どれくらいの時間ならいいの?」というと、室温などの条件にもよるので、一概には言えないようです。

ちょっとの入れ忘れくらいならセーフかもしれませんけど、「真夏なのに、昨晩出したままだった……」みたいな時は、諦めた方がいいかもしれませんね……(´・ω・`)

↓↓こちらは、生コラーゲンの魅力をたっぷり体験できる大人気の生コラーゲン美容液『ニッピコラーゲン スキンケア ジェル NMバランスの公式サイトです↓↓
スキンケアクリーム

そもそも、生コラーゲンとは?

疑問を抱える女性

生コラーゲンとは、私たちの体の中にもともとあるコラーゲンと同じ構造(三重らせん構造)のコラーゲンのことをいいます。

コラーゲンはたんぱく質の一種で、私たちの肌や骨などを構成する大切な成分です。

お肌について言うと、コラーゲンは水分を保持して肌のハリや弾力をキープする・水分を保持する、などの働きをしています。

生コラーゲンは、ほかのコラーゲンよりも保水力がすごいです。
そのため、角質層まで生コラーゲンを届けることで、不足している角質層の水分をおぎなえます。

生コラーゲンと加水分解コラーゲン・ゼラチンコラーゲンの違いは?

化粧品などに使われているコラーゲンには、

コラーゲンの種類

の3種類があります。

最初に違いを比較した表をご紹介して、その後にくわしくご紹介しますね。

加水分解コラーゲン ゼラチンコラーゲン 生コラーゲン
構造 構造を持たない状態 1本ずつにほどけた状態 三重らせん構造のまま
保水力 - 加水分解の2倍 加水分解の6倍
浸透のしやすさ 浸透しやすい 浸透しにくい すごく浸透しにくい

私たちの体の中にあるコラーゲンや生コラーゲンは、3本が絡まり合った三重らせん構造になっています。

でも、コラーゲンは熱に弱いです。

どらくらい熱に弱いかというと、常温でも変化してしまうくらい弱いです。

そのため化粧品用に加工しようとすると、すぐに三重らせん構造がほどけて、1本ずつバラバラの状態になります

1本ずつになってしまったコラーゲン(=ゼラチンコラーゲン)は、保水力が落ちます

ゼラチンコラーゲンをさらに分解した加水分解コラーゲンは、保水力がもっと落ちます

生コラーゲンの保水力はどれくらい?

水滴

生コラーゲンの保水力は、ゼラチンコラーゲンの3倍、加水分解コラーゲンの6倍だといわれています。

いい事ばかりじゃない……

手で×マークを作る女性

生コラーゲンは保水力がすごいですけど、いい事ばかりではありません。

生コラーゲンは分子量(サイズ)が大きいので、角質層まで浸透できずに肌表面に残ると言われています。

せっかくの生コラーゲンなのに、角質層まで届けられなかったらもったいないですよね……(´・ω・`)

そのため、生コラーゲンではなく加水分解コラーゲンを配合している化粧品も多いです。

ゼラチンコラーゲンや加水分解コラーゲンは保水力が落ちる代わりに、分子量(サイズ)が小さくなっているので、角質層まで浸透しやすいです

生コラーゲンの弱点をカバーしている商品も多いです

先ほど、「生コラーゲンは角質層まで浸透せずに、肌表面に残る」とご紹介しました。

そのため各社が、生コラーゲンの弱点である「角質層まで浸透しにくい」という弱点を克服した商品を開発されています。

たとえば某社の生コラーゲン美容液は、浸透しやすいカプセルに生コラーゲンを巻き付けることで、角質層まで浸透しやすいように工夫されています。

もう一つ例を挙げると、大人気の生コラーゲン美容液『ニッピコラーゲン スキンケア ジェル NMバランス』の場合は、
  • 肌表面をうるおす生コラーゲン
  • 角質層まで浸透するナノコラーゲン
  • 紫外線ダメージから守るメディコラーゲン
という3つのコラーゲンを配合することで、角質層も肌表面もしっかりケアしてくれます。

生コラーゲンにはどんな効果を期待できるの?

肌の手触りを確かめる女性

ひとくちに生コラーゲンといっても
  • 化粧品
  • パック・マスク
  • エステ
  • シャンプー、トリートメント
  • パーマ
など、いろんな商品が販売されていますよね。

すべてに共通していえるのは、生コラーゲンがうるおいを与えてくれるという点です。

上の方でくわしくご紹介しましたが、コラーゲンと言っても生コラーゲン・加水分解コラーゲン・ゼラチンコラーゲンがあります。

生コラーゲンはほかのコラーゲンと比べて、保水力が何倍もあります。

そのかげで、
美容液・エステ・パック・マスク
うるおいを与える(乾燥、ハリ、弾力、乾燥小じわ、毛穴の開き・たるみ)

シャンプー、トリートメント、パーマ、カラー
うるおいUP、髪をやわらかくする、ダメージ低減
などの効果を期待できます。

生コラーゲン美容液の場合は、すごく評判がいい『ニッピコラーゲン スキンケア ジェル NMバランス』がおすすめです。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ

補足:コラーゲンサプリ・ドリンクについて

コラーゲンサプリ・ドリンクの場合は、上でご紹介したような商品とはちょっと違います。

こちらのページでくわしくご紹介しています。

生コラーゲンは、シミには効果ないの?

鏡を見つめる女性

生コラーゲンは、すでに出来ているシミを消してくれるというよりは、シミができにくい肌に導いてくれるモノです。

シミを消すこととまっくの無関係ではないですけど……。

お肌が乾燥していると、
  • バリア機能の低下
  • ターンオーバーが滞る
という結果につながります。

バリア機能が低下していると、外からの刺激や紫外線の影響を受けやすくなって、シミの原因となるメラニンがたくさん分泌されます。

また、ターンオーバーが滞っていると、分泌されたメラニンが排出されにくくなって、そのまま沈着してシミになります。

生コラーゲンでうるおいを補給すれば、
  • 外からの刺激や紫外線の影響をうけにくくなる
  • ターンオーバーを整える
という効果を期待できます。

その結果、シミができにくくなります

また、ターンオーバーが整うと、すでに出来ているシミ(メラニン)も排出されやすくなります。

「生コラーゲンの効果は嘘」みたいな意見をよく見かけるけど?

悪口

ネットで生コラーゲンのことを調べてみると、「生コラーゲンの効果は嘘」みたいな意見がけっこう目に入りますよね。

生コラーゲン美容液を愛用していて大満足の私としては、「えっ、なんで?」とすごく不思議です。

でもくわしく調べてみると、嘘と言っている人のほとんどは
  • ケチって適量を使っていない
  • 冷蔵庫保存が必要なのに、常温で保存している
  • なんでも悪く言わないと気が済まない人(しかも、使ってみた経験なし)
という人が多いみたいですね。

もちろんどんな商品でも、すべての方々が満足できるわけじゃないですよね。

でも正しく使っていなかったり、なんでも悪く言いたいだけの人の意見には、振り回されないようにしたいですね。

生コラーゲンに副作用の心配はないの?

○と×

コラーゲンは私たちの体の中にたくさんあって、生コラーゲンは体内にあるコラーゲンと同じ構造をしています。
そのため、基本的には副作用(体に悪い影響を感じる)の心配はいりません

ただし、アレルギー症状が出る可能性はあります

もともと体にあるモノと同じといっても、急に増えるとアレルギー症状として
  • 蕁麻疹
  • 痒み
  • 腫れ
  • かぶれ・ただれ
などが出るケースがあるそうです。

もし異常を感じた場合は、すぐに使用を中止された方が安心だと思います。

また、生コラーゲン自体には問題がなくても、その商品に含まれている他の成分・添加物が肌トラブルを引き起こすケースも考えられます。

敏感肌・アトピーの方や他の化粧品などで肌荒れした経験のある方は、事前に全成分をよく確認された方が安心だと思います。

生コラーゲンは、こんな方におすすめ

頬に手を当てる女性

生コラーゲンの魅力はなんといっても、保水力がすごいことです。

そのため、
  • 肌のうるおい不足から来る悩み(乾燥、乾燥小じわ、ハリ・弾力不足、毛穴の開き・たるみなど)
  • 髪の乾燥やダメージ
でお困りの方におすすめです。

生コラーゲン美容液はどれが人気なの?

ニッピコラーゲン スキンケア ジェル NMバランス

生コラーゲン美容液はいろんなのが発売されているから、「どれがイイの?」と迷っちゃいますよね。

大人気でおすすめなのは、『ニッピコラーゲン スキンケア ジェル NMバランス』です。

生コラーゲンは分子量(サイズ)が大きいので、角質層まで浸透せずに肌表面に残るといわれています。

ニッピコラーゲン スキンケア ジェル NMバランスの場合は
  • 肌の表面にうるおいをあたえる生コラーゲン
  • 小さいから角質層まで浸透しゃすいナノコラーゲン
  • 紫外線から守るメディコラーゲン
という3つのコラーゲンが配合されていて、肌の表面・角質層にうるおいをあたえて、紫外線からも守ってくれます。

口コミでの評判もすごくいいので、「生コラーゲン美容液はどれがいいのかな?」と守っている方に最初に試していただきたい商品です。

『ニッピコラーゲン スキンケア ジェル NMバランス』は、公式サイトで購入するのが一番お得です。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ

そのほかの人気の生コラーゲン美容液については、こちらのサイトがすごく参考になると思います。

まとめ

以上、生コラーゲンについてのよくある質問と答えなどをご紹介しました。

生コラーゲンで外側からケアしたい方は生コラーゲン美容液を、内側からケアしたい方はサプリ・ドリンクを試してみられると、生コラーゲンの魅力を実感しやすいと思います。

生コラーゲン美容液は、『ニッピコラーゲン スキンケア ジェル NMバランス』が口コミでの評判がよくておすすめです。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ

生コラーゲンサプリ・ドリンクについては、こちらのページでくわしくご紹介しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。